スポーツ施設の魅力案内【ホームメイト・リサーチ-スポガイド】

スポーツ施設をお探しなら「スポランド」

高校野球福岡県大会で活躍してきた古豪、強豪野球部の歴史について紹介しています。突出した強豪校が少なく、毎年、拮抗した試合展開が注目されている福岡県大会。人口の多い県だけに、参加校の数も非常に多く、国内きっての激戦区のひとつです。強豪ひしめく福岡県で、過去に甲子園の切符を手にした高校だけに焦点を合わせ、それぞれの野球部が持つ歴史を解説します。

運上 俊と運上 さえみ
スポーツ施設をお探しなら「スポランド」
  • 文字サイズ

記事

2018年3月7日

【高校野球】福岡大会の強豪校、古豪の野球部の歴史

【高校野球】福岡大会の強豪校、古豪の野球部の歴史

福岡県大会は、北九州、筑豊地方の高校からなる「北部」と、福岡、筑後地方からなる「南部」に分かれており、それぞれの地区から毎年、ドラフト上位指名される選手を多く輩出しています。

しかし、有力な選手が各高校に点在しているため、突出した強豪校というのは生まれにくい福岡県では、多くの強豪校が次の県代表を目指し、日々しのぎを削っている状態です。

夏の甲子園優勝経験2回の小倉高校、県内プロ入り最多輩出の柳川高校などの名門校から、近年頭角を現してきた九州国際大付属高校まで、ここでは、福岡県各地区の強豪野球部を厳選し、それぞれの歴史について紹介します。

プロ入りも多い確かな実力の古豪「九州国際大学付属高等学校」

プロ入りも多い確かな実力の古豪「九州国際大学附属高等学校」

1958年(昭和33年)に、北九州地区のPTAからの要請で、進学校として設立された九州国際大学付属高等学校(九国大付属)は、野球以外でもスポーツの強豪校として知られ、多くのトップアスリートを世に送り出してきました。

九国大付属の野球部が、初めて甲子園の土を踏んだのは、1979年(昭和54年)。

それから3年後の1982年(昭和57年)にも全国大会出場を果たしますが、それを最後に長い間、甲子園に出場することはありませんでした。

九国大付属が再び甲子園に出場したのは、それから27年後の2009年(平成21年)です。

そして、ホームランを量産する強打者の多いチームで、2011年(平成23年)の春の選抜大会において、見事に準優勝という好成績を収めました。

九国大付属野球部の、この復活劇の裏には、2006年(平成18年)~2014年(平成26年)までチームの指揮を執った若生正廣元監督の活躍があります。

若生監督は、現在ロサンゼルス・ドジャースで活躍するダルビッシュ有投手を育てたことでも有名。

若生監督のあとを引き継いだ元プロ選手の楠城徹監督が就任してからも、九国大付属は甲子園出場を果たしており、卒業生にはプロ野球選手も多いです。

【施設情報】

凄まじい練習量でベスト8常連の「自由ケ丘高等学校」

自由ケ丘高等学校野球部は、オフシーズンのトレーニングに非常に力を入れており、トライアスロンやオフ明けまでに30万スイングなど、体力と筋力を限界まで高めることを目標に掲げています。

その凄まじい練習量を支えているのが、校内に設けられた野球部専用グラウンド(野球場)や、九州共立大学のトレーニング施設を使用できるという充実した練習環境。

このようなハードな練習を背景に、現在自由ケ丘野球部は、福岡の強豪校の一角を担っていますが、それまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。

自由ケ丘高校の野球部が創部されたのは、1964年(昭和39年)と古い歴史があるものの、長く日の目を見ることはなく、2010年(平成22年)の春の選抜大会において、ようやく甲子園初出場。

それから3年後には夏の県大会に優勝し、悲願の甲子園出場を勝ち取り、それ以後も、県内ベスト8入り常連校として、年々注目が集まってきています。

卒業生では、走攻守のバランスの良さから新庄2世と言われているオリックス・バファローズの武田健吾選手が有名です。

【施設情報】

北部地区から12年ぶりに甲子園出場「飯塚高等学校」

飯塚高等学校野球部員のほとんどが、地元の筑豊地区出身です。

筑豊には、全国大会優勝経験のある「庄内ジャガーズ」という少年軟式野球チームの強豪があるものの、有望な選手が南部の強豪校に進学する状態が続き、飯塚高校は1963年(昭和38年)の創部以来選手に恵まれていませんでした。

この有望な選手の流出を防ぐという根本的な問題解決に奮闘したのが、2003年(平成15年)に就任した吉田幸彦監督

吉田監督は、筑豊地区の高校を中心とした20チームが対戦する筑豊リーグの設立に一翼を担い、各校の監督との情報交換にも力を入れました。

その努力が実を結び、有望な選手が徐々に筑豊に留まるようになります。

このように筑豊が一丸となれた理由は、北部地区(北九州、筑豊地方)では、1996年(平成8年)から12年もの間、夏の甲子園に進む高校が出ていない時代があったからです。

そして、この状況を打開したのが、現在楽天イーグルスで活躍する辛島航投手を擁した甲子園初出場の飯塚高校。

この2008年(平成20年)の夏の甲子園に見事出場を果たし、南部優勢の時代に終止符を打ちました。

4年後の2012年(平成24年)にも同じく夏の甲子園に出場し、見事2回戦まで駒を進め、飯塚高校はその後、福岡の強豪校としてその名を知られるようになっています。

【施設情報】

受け継がれる石田伝説「東筑高等学校」

東筑高等学校野球部は、1900年(明治33年)に創部されて以来、春夏通算8回甲子園に出場している福岡の古豪。

公立高校である東筑は、飯塚高校と同様に筑豊地区の生徒が多く、野球部も地元出身の選手が大半を占めています。

東筑高校は、学区内トップの進学校でもあるため、入学するには野球ができるだけでなく、ある程度の学力も必要です。

そのような事情があり、有望な選手の獲得が難しいにもかかわらず、幾度も全国大会に進んできました。

東筑高校が最初に甲子園に出場したのは、1953年(昭和28年)、次の出場は、それから19年後の1972年(昭和47年)。

そしてこの年から、東筑に「石田伝説」が生まれます。

この年のエースピッチャーは石田義幸投手であり、6年後の1978年(昭和53年)のエース石田大介投手は、東筑野球部出身で現監督の青野浩彦氏とバッテリーを組んでいました。

1996年(平成8年)のエースは、石田泰隆投手

そして、2017年(平成29年)のエースは、石田旭昇投手と、驚くべきことに、夏の甲子園出場時にエースピッチャーの名字が、6人中4人も石田姓だったのです。

4代目となる石田旭昇投手は、中学時代からすでに石田伝説を期待され、その重圧にもかかわらず、見事甲子園出場を果たし、石田伝説を継承しました。

【施設情報】

精神面を重視しプロ入りも多数「福岡工業大学附属城東高等学校」

精神面を重視しプロ入りも多数「福岡工業大学附属城東高等学校」

福岡工業大学附属城東高等学校(福工大城東高校)の野球部は、1958年(昭和33年)に学校の創設に伴い誕生しました。

福工大城東高校は、1992年(平成4年)の春の選抜大会で初めて甲子園を経験し、1997年(平成9年)に福岡県大会を制し、夏の甲子園の切符を手にします。

それからも、春に2回、夏に1回甲子園に出場しましたが、結果は最高で3回戦まででしたが、2004年(平成16年)の春の選抜大会において、見事ベスト8まで勝ち進み、南部の強豪校としての地位を不動のものにしました。

1989年(平成元年)~2009年(平成21年)まで野球部を率いた杉山繁俊監督は、チームと共にこれらすべての甲子園を経験。

杉山監督は、野球が上手いだけでは、大事な試合に勝てないことを部員に説き、常日頃から人間性スポーツに対する姿勢を大切にしていました。

精神面の鍛錬にも力を入れていた監督のもとからは、高校時代は全国で無名だったにもかかわらず、プロの道に進んだ選手が非常に多く、その数は県内で2番目です。

福工大城東高校は、野球だけでなく柔道の強豪校としても広く知られ、女子柔道金メダリストの谷亮子氏も、この学校を卒業しています。

【施設情報】

確かな実力を持つ南部地区の古豪「柳川高等学校」

確かな実力を持つ南部地区の古豪「柳側高等学校」

2017年(平成29年)までに春夏通算16回甲子園出場経験のある柳川高等学校野球部は、全国にも名が轟く古豪です。

野球部が創設されたのは、1946年(昭和21年)。そして、1969年(昭和44年)に名将と言われた福田精一監督が就任しました。

その4年後の1973年(昭和48年)に開催された夏の甲子園の1戦は有名です。

その年の1回戦で、柳川高校は、当時怪物と呼ばれていた江川卓氏を擁する栃木県の作新学院と対戦。

その試合で、福田監督は試合前から秘策と公言していた、バントの構えからヒットを狙う「プッシュ打法」で江川氏を混乱させ、先制点を奪います。

試合は延長15回の大接戦の末、作新学院のサヨナラ勝ちという結果でしたが、この試合で柳川高校は、全国にその名前を知られるようになりました。

1976年(昭和51年)に、当時4番の末次秀樹捕手が、8打席連続安打という大会記録を残します。

そして、福田監督の引退後の1994年(平成6年)には、末次氏が柳川高校の監督に就任し、翌年には甲子園出場。

柳川高校は、末次監督の時代にも、女性部長が初めて甲子園のベンチ入りをするなど、頻繁に高校野球界の注目を受けてきました。

柳川高校野球部の卒業生は、県内最多のプロ入り数を誇り、2011年(平成23年)まで阪神タイガースの監督を務めていた真弓明信氏が特に有名です。

【施設情報】

甲子園の土を持ち帰る習慣の発祥「福岡県立小倉高等学校」

福岡県立小倉高等学校は、1908年(明治41年)創立と古い歴史を持つ学校です。

小倉高校野球部は、1919年(大正8年)の夏に、初めて夏の選手権大会に出場しました。

そして1947年(昭和22年)には春の選抜大会に初出場し、戦後ということで、参加校数は少なかったものの準優勝

同年の夏の選手権大会では、決勝戦で春に敗れていた岐阜商業に勝利し、見事甲子園初優勝を果たします。

こうして小倉高校は、福岡初の甲子園優勝校という名声を手にしたのです。

さらに、翌年の1948年(昭和23年)の夏の甲子園を制し、大会2連覇という偉業を成し遂げました。

その後も、頻繁に甲子園に出場し、2017年(平成29年)までに春夏通算出場回数は15回

しかし、1978年(昭和53年)の春の選抜大会を最後に、小倉高校は全国大会に出場できていません。

それでも、小倉高校は地元に愛され続け、野球部出身者で作られた「愛宕クラブ」というOB会もある程。

北部地区で同じく明治創立の東筑とは、定期試合を行なっており、生徒全員参加で応援し、毎年白熱するその試合結果が地元でも話題になっています。

小倉高校は、甲子園の土を持ち帰るという、高校球児の習慣の発祥になった学校としても有名です。

【施設情報】

夏の甲子園を制覇した「西日本短期大学附属高等学校」

夏の甲子園を制覇した「西日本短期大学附属高等学校」

西日本短期大学附属高等学校は、県内外から有望な選手を獲得し、寮付きでナイター設備のある専用グラウンドを持つ程、野球部に力を入れており、選手は休みでも自主練に励んでいる、南部きっての強豪校です。

1965年(昭和40年)の創部当初は、福岡でもそれほど注目されることはありませんでした。

しかし、1986年(昭和61年)の甲子園初出場を皮切りに、西日本短大附属高校の快進撃が始まります。

初出場の翌年には春の選抜にも出場し、それから4年後の1990年(平成2年)には、夏の甲子園で、ベスト4という好成績を収め、2年後の1992年(平成4年)の夏に全国制覇を見事達成。全国に、その名前を知らしめました。

その後も、2004年(平成16年)と2010年(平成22年)の夏の甲子園に出場しています。

OBで有名なのは、メジャーリーグでも活躍した新庄剛志氏。さらに、2004年(平成16年)の全国大会出場の際に、移動用のバスを当時の後輩に贈ったのは、福岡では有名な話です。

【施設情報】

※この記事は、2018年1月時点の情報に基づいて作成されています。

お近くの野球場を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

ページの先頭へ戻る