スポーツ施設の魅力案内【ホームメイト・リサーチ - スポガイド】

今回は夏の選手権大会における地区予選のひとつ「東東京大会」に出場する学校の中で、好成績を残している強豪校について紹介します。東東京大会は、全国でも屈指の激戦区です。勝ち抜いた学校は、兵庫県西宮市にある甲子園球場で開催される選手権大会でも活躍。中には全国制覇を果たした学校がある程の奮闘ぶりです。強豪校と呼ばれる学校がどのような成績を残しているのかを中心選手と共に、分かりやすくまとめてあります。

スポーツ施設をお探しなら「スポランド」
運上 俊と運上 さえみ
スポーツ施設をお探しなら「スポランド」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2018年3月7日

【高校野球】東東京大会の強豪校、古豪の野球部の歴史

【高校野球】東東京大会の強豪校、古豪の野球部の歴史

「全国高等学校野球選手権東東京大会」は、神奈川、大阪、京都、福岡などと並ぶ全国でも指折りの激戦区として有名。

東東京大会を勝ち上がった代表校は、全国大会でも毎年のように優秀な成績を収めています。

春のセンバツで準優勝した関東第一高等学校、全国制覇を成し遂げたことで知られる帝京高等学校、通算7度の甲子園出場をしている二松学舎大学附属高等学校などが有名です。

そこで今回は、東東京にある高校野球の強豪校に焦点を当てて、その歴史を紹介。

プロ野球で活躍している選手たちの高校時代の活躍を知ることができる他、学校ごとの特色を知るのに便利です。

春のセンバツ準優勝の実力校「関東一高」

関東第一高等学校(関東一高)は、江戸川区にある私立高校です。

2017年(平成29年)までに夏の選手権大会に6度出場している他、春のセンバツ大会にも6度出場しています。

関東一高は、千葉県白井市にある専用グラウンド(野球場)まで約20kmの距離を移動し練習を実施。

練習は、自主練習を重要視しているのが特徴です。全体練習は、実戦形式の練習がほとんど。

守備では、各ポジションとの連携を確認し、打撃では、走者を配置して試合を想定した練習を行なっています。

全体練習は、午後6時で終了。そのあとは、自主練習となり、そこで個人の打撃練習や守備練習を行ない、技術を磨いていくのです。

平日の練習時間が短いため、週末は10時間近く練習。練習試合は、関東圏の名門校を中心に行なっています。

硬式野球部の創部は、学校創立の2年後の1927年(昭和2年)。

初めて甲子園に出場したのは創部から約60年後、1985年(昭和60年)の夏の選手権大会です。

初出場ながら孤軍奮闘し、見事ベスト8まで進出しました。

2年後の1987年(昭和62年)の春のセンバツ大会では、見事準優勝に輝いています。

この大会では、オリックスに入団した三輪隆氏が正捕手を務めチームを牽引。大会中に2本のホームランを打つ活躍でした。

決勝で対戦したPL学園高等学校は、中日に入団した立浪和義氏、横浜から指名を受けた野村弘樹氏、巨人へ入った橋本清氏などそうそうたるメンバーが勢ぞろい。

6回までは1対2と接戦を繰り広げましたが、終盤に崩れて敗退しました。

主な出身選手は、オリックスの三輪隆氏楽天のオコエ瑠偉選手の他、日本ハムに入団した武田勝氏、広島に入った山崎健氏をはじめ2017年(平成29年)までに約10名います。

【施設情報】

通算7度の全国出場した強豪「二松学舎大附」

通産7度の全国出場した強豪「二松学舎大附」

二松学舎大学附属高等学校(二松学舎大附)は、千代田区にある私立高校です。

2017年(平成29年)までに、夏の選手権大会には、2度出場し、春のセンバツ大会には5度出場。通算で7回、甲子園球場の土を踏んでいます。

千葉県柏市の二松学舎大学柏キャンパス内に二松学舎大附の野球部専用のグラウンドがあるため、生徒たちは毎日そこへ通って練習を実施。強豪校としては珍しく、月曜日は練習が完全に休みです。

硬式野球部ができたのは、学校創設から10年後の1958年(昭和33年)。

甲子園で行なわれた大会のうち、最も好成績だったのは、1982年(昭和57年)の春のセンバツ大会です。

決勝で近畿地区代表のPL学園高校に2対15で敗れましたが、準優勝に輝いています。

夏の選手権大会は、2014年(平成26年)の3回戦進出が最高。このときは、沖縄県代表の沖縄尚学高校に5対6でサヨナラ負けを喫しています。

東東京大会では、これまでに11回決勝に進出している強豪校ですが、なかなか運に恵まれず2014年(平成26年)、10度目の挑戦でようやく東東京大会を制覇することができました。

主な出身選手は、千葉ロッテに入団した初芝清氏や広島に入団し、2016年(平成28年)にはベストナインゴールデングラブ賞を獲得したことで知られる鈴木誠也選手が有名です。

【施設情報】

甲子園で3度優勝の伝統校「帝京高校」

帝京高等学校(帝京高校)は、板橋区にある私立高校です。

2017年(平成29年)までに、夏の選手権大会には、東東京地区最多の12回出場し、春のセンバツ大会にも、14度出場。東東京地区の中でも屈指の強豪校として知られています。

帝京高校で監督を務めるのは、前田三夫監督。1972年(昭和47年)から監督を務めている名物監督です。

元々、東東京地区では強豪校として知られていましたが、なかなか運に恵まれず甲子園に出場は叶いませんでした。

しかし、前田監督が就任してからさらに実力を付け、初の甲子園出場となったのが、前田監督就任から6年経った1978年(昭和53年)の春のセンバツ大会です。

この大会では、初戦敗退だったものの、2回目の出場となった1980年(昭和55年)にはいきなり準優勝し、一躍全国区の仲間入りを果たしました。

その後、帝京高校は、全国大会を3度、制覇。1989年(平成元年)と1995年(平成7年)の夏の選手権大会、春のセンバツ大会は、1992年(平成4年)に優勝しています。

1989年(平成元年)の大会では、巨人に入団した吉岡雄二氏がエースを務め、全5試合に先発です。

そのうち3試合で完封し、投球回数41回に対して失点はわずか1という活躍で優勝を決めました。

1992年(平成4年)の春のセンバツ大会では、巨人に入団した三澤興一氏がエースとなって孤軍奮闘。

決勝戦で、神奈川県代表の東海大相模を3対2で下し、センバツ大会初優勝を果たしました。

主な出身選手は、吉岡氏と三澤氏の他、西部に入団した奈良原浩氏、日本ハムから指名された森本稀哲氏などがいます。またタレントとして活躍している、とんねるずの石橋貴明氏も帝京高校野球部の出身です。

【施設情報】

全国出場経験のある都立高校の星「都立城東」

全国出場経験のある都立高校の星「都立城東」

東京都立城東高等学校(都立城東)は、江東区にある都立高校です。2017年(平成29年)までに、夏の選手権大会には、2度出場しています。

都立城東は、都内でも屈指の進学校として知られ、甲子園出場を目指しながら受験を希望する学生が集まることでも有名です。

その文武両道を見事に実践し、夏の選手権大会には、1999年(平成11年)、2001年(平成13年)の2度出場。

都立高校の野球部が選手権大会に出場するのは、東西含めても国立高校に次いで2番目で、東東京地区では初めての快挙でした。

1999年(平成11年)の東東京大会には、134校が出場。

都立城東は、都立高校ながら順調に勝ち進み、決勝戦で世田谷区の駒澤大学高等学校と対戦し3対0で勝利。

2年後の2001年(平成13年)の東東京大会でも都立城東ナインが奮闘し決勝戦へ進出しました。

対戦相手は強豪の岩倉高等学校でしたが、何とか5対4で競り勝ち優勝し、2度目の選手権大会出場権を獲得です。

2013年(平成25年)~2016年(平成28年)までの4年間、夏の選手権東東京大会でベスト16以上に残り、2016年(平成28年)はベスト4入り。都立高校で最も甲子園に近いのは都立城東と言っても過言ではありません。

【施設情報】

全国ベスト8に2度進んだ名門「修徳高校」

全国ベスト8に2度進んだ名門「修徳高校」

修徳高等学校(修徳高校)は、葛飾区にある中高一貫の私立高校です。

2017年(平成29年)までに、夏の選手権大会には、通算5回出場。春のセンバツ大会にも、関東地区代表として3度出場しています。

修徳高校は、1904年(明治37年)創立の古豪です。

硬式野球部はサッカー部と共に「強化指定クラブ」に認定されているため、監督やコーチが充実している他、スポーツ推薦で入学してくる特待生もいます。部員数が多いためレギュラー争いが激しいことでも有名。

夏の選手権大会は、1993年(平成5年)と2004年(平成16年)で準々決勝まで進出し、ベスト8入りを2度経験しています。

1993年(平成5年)の大会は、メジャーリーガーとして活躍した高橋尚成氏や広島から指名を受けた玉木朋孝氏を擁し、快進撃を続けました。

岡山南高校、甲府工業高校を破ると、3回戦では南北海道代表の東海大四高を接戦の末、4対3で下し、ベスト8進出を決定。

2004年(平成16年)のチームは、全員野球をモットーに地区代表の座を獲得し、選手権大会では2回戦で鹿児島実業、3回戦で酒田南高校を破り順調にベスト8まで進みました。

初のベスト4入りをかけて千葉経済大学附属高校と対戦です。惜しくも2対4の僅差で敗れ念願は叶いませんでした。

主な出身選手は、高橋氏や玉木氏の他、ロッテに入団した成田文男氏、オリックスから指名を受けた三ツ俣大樹選手などが有名です。

【施設情報】

500円札をモチーフにした応援が特徴「岩倉高校」

500円札をモチーフにした応援が特徴「岩倉高校」

岩倉高等学校(岩倉高校)は私立高校で、東京都台東区にあります。

全国でも珍しく鉄道関連の教育を学ぶ「運輸科」が設置されていることで有名です。

校名は、明治時代に活躍した政治家、岩倉具視が鉄道創設に尽力したことから命名されています。

硬式野球部の創設は、1960年(昭和35年)で、特徴的なのが岩倉高校独自の応援方法。

岩倉具視が印刷されていることでも知られる500円札をプリントした応援グッズを作成し、球場の客席で応援します。

また過去には出場する選手がお守りとして500円札を持ち歩いていたというエピソードもありました。

甲子園に出場したのは、1984年(昭和59年)の春のセンバツと、1997年(平成9年)の夏の選手権大会の2回です。

初めて出場した春のセンバツ大会では、初出場ということを感じさせることのないはつらつとした動きで勝ち進みました。

とうとう決勝戦まで勝ち進み、対戦したのは桑田真澄氏と清原和博氏を擁するPL学園。

前評判では、PL学園が有利でしたが、岩倉高校が桑田氏から1点を取って1対0で勝利、初出場で初優勝を果たしました。

主な出身選手は、阪神に入団した山口重幸氏、日本ハムに入った森範行氏関根裕之氏がいます。

【施設情報】

都立城東と並ぶ都立の強豪「都立雪谷」

都立城東と並ぶ都立の強豪「都立雪谷」

都立雪谷高等学校(都立雪谷)は、大田区にある都立高校。2003年(平成15年)、夏の選手権大会に出場したことでも知られる都立の強豪校です。

都立雪谷の硬式野球部は、1953年(昭和28年)に創部されました。

2015年(平成27年)には、東京都の教育委員会が選ぶ「スポーツ特別強化校」の特別強化部に男女陸上部とともに指定。

毎年、約30名の新入部員が入り、部員数は全体で100名近くにも上ります。

そのため、週末になるとAチームとBチームに分かれ、それぞれが別行動で他校との練習試合に出かけることも多いです。

2003年(平成15年)の東東京大会には、138校が出場しました。

都立雪谷は、それ程前評判は高くありませんでしたが、都立江戸川高校、芝高校、東京実業高校などを破って順調に勝ち進み、決勝では二松学舎大附と対戦。

5対0で勝利し、初の甲子園出場を果たしました。2009年(平成21年)には、東東京大会で準優勝に輝いています。

主な出身選手は、オリックスバファローズに入団した鈴木優投手が有名です。

【施設情報】

※この記事は、2018年1月時点の情報に基づいて作成されています。

お近くの野球場を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

ページの先頭へ戻る