スポーツ施設の魅力案内【ホームメイト・リサーチ - スポガイド】

夏が短い北海道にも、個性的で魅力的なプールがたくさんあります。夏を満喫できる屋外レジャープールや、贅沢気分を味わえる屋内リゾートプールなど、種類も豊富。ここでは市民に愛されるリーズナブルなプールをはじめ、泊りがけで楽しめるホテル併設のプールなど、目的に合わせて選べる北海道の定番プールを8つ紹介しましょう。

スポーツ施設をお探しなら「スポランド」
運上 俊と運上 さえみ
スポーツ施設をお探しなら「スポランド」
ブログコンテンツTOP
  • 文字サイズ

記事

2018年5月10日

夏の定番スポットと言えばここ!北海道のおすすめプール特集

夏の定番スポットと言えばここ!北海道のおすすめプール特集

他の地域よりも夏が短いと言われる北海道ですが、そんな北海道でもプールは夏の定番お出かけスポットです。夏の日差しを感じながら遊べる屋外プールだけでなく、天候を気にせず利用できる室内プール、リゾートとして設備が充実している贅沢なプールなど、色々なプールがあります。ここで北海道の人気プールをチェックすることで、自分にぴったりのプールと出会いましょう。それぞれが個性的なサービスや魅力的な特色を持つ、北海道のプール。その中から厳選した8つのプールを紹介します。

札幌市民に愛される老舗「ウォーターパークていねプール」

札幌市民に愛される老舗「ウォーターパークていねプール」

ウォーターパークていねプール」は、1982年(昭和57年)にオープンした札幌の老舗プールです。夏季限定の施設にもかかわらず、来場者数が年間10万人という、道内最大級の屋外プールとして知られており、札幌市民がおすすめする夏のお出かけスポットとしても外せません。

園内には全長250m流水プールを中心に、造波プールウォータースライダーといったアトラクションも豊富。ウォータースライダーは101mと51mの2タイプが設置されており、楽しみ方も多彩です。

さらに、大自然の岩山をイメージして造られたウォーターマウンテンでは、岩山の滑り台で遊んだり、洞窟探検をしたりと、子どもから大人まで、一緒に楽しめます。

小さな子どもには、ホワイトマウンテンキッズランドがおすすめ。未就学児童専用なので安心です。また、レストランや売店の他、ロッカーやシャワールームも完備しているため、休憩をはさみながら快適に過ごすのも良いでしょう。ボートや浮き輪、簡易テントのレンタルサービスもあるので、持って行く荷物が減らせるのも魅力的。

JR稲積公園駅から徒歩約5分と公共機関でのアクセスの良い立地で、小中学生限定でシーズン中なら何度でも遊べるシーズン券が発売されているので、お友達同士で遊びに行って夏休みの思い出を作るのにもぴったりです。

【施設情報】

リゾート気分で夜まで遊べる「シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ」

リゾート気分で夜まで遊べる「シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ」

シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ」のプール施設は、リゾートホテル内にある高級感とリゾート感が特徴です。エンターテイメント性が高く、プールは通年営業していますが、夏には屋外プールもオープンするため楽しさが倍増します。

屋内にあるジャンボプールは、この施設の中心的存在。ヤシの木などのオブジェが、リゾート感をより盛り上げています。泳ぎ疲れたときには、マッサージジェット付きのリラックスプールジェットバスプールでひと休みすることも可能。優雅で贅沢な気分を味わえます。

全長180mのチューブをボートで滑り降りるビッグリバーは、スリル満点で子どもたちを飽きさせません。また、くねくね曲がる全長120mと80mのトンネル型スライダー、ワイルドリバーも人気。水鉄砲やメリーゴーラウンドで遊べるキッズプールや水深約15cmの幼児プールなど、小さな子ども向けのプールも充実しています。

毎年ゴールデンウィークから9月下旬までは屋外にあるプールも開放されるので楽しさも倍増です。イルカのオブジェのある屋外ジャンボプールでは流れるプールゾーンもあるので、浮き輪につかまりながらのんびり流れに身を任せてみましょう。

本格的に泳ぎたい人は中学生以上対象の25mプールもあるので、昔を思い出して泳ぎに没頭するのも一興。プールの一部がスケルトン仕様になっているので、格好良く泳ぐ勇姿を友人・知人に見せることもできます。

遠浅の海岸のような浅いところと深いところがある、細長いバナナの形のバナナプールは急に水深が深くなるといったことがないので、子ども連れに最適なプールです。

様々なプールで遊び疲れたら、おやこ休憩室でひと休みするのも良いでしょう。営業時間が長く温泉も併設されているため、プールのあとに温泉でゆっくり…などの楽しみ方もできるプールです。

【施設情報】

  • 施設名:シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ
  • 所在地:〒002-8043 北海道札幌市北区東茨戸132番地
  • TEL:011-773-3311(プール・温泉 直通)

遊園地に併設された「ルスツリゾート スーパージャンボプール」

遊園地に併設された「ルスツリゾート スーパージャンボプール」

ルスツリゾート スーパージャンボプール」は、北海道最大級の遊園地、ルスツリゾートに併設されたプールです。遊園地の入園券で利用することができるため、遊園地と合わせてお得に1日中楽しめます。

北海道で一番長い約300mの流水プールは、浮き輪やボートでのんびりと流れに身を任せるのにぴったり。長さ100mの曲線を描くチューブに身を任せるアクアコースターは予想もしない方向に体を持って行かれるドキドキが味わえます。

2種類4コースのスライダープールは15mのショートコースでもスタート地点に立つと、思わぬ高さに驚きかねません。一気に滑り降りるスリルを楽しみましょう。

水鉄砲を備え付けた円形プールや真ん中に噴水を設置した小さな子ども向けのプールなど、年齢を問わず楽しめる環境。すべてのプールは平均水温28度に調整されているため、いつでも快適に水遊びができます。 また、屋根付きの競泳プールも設置しているため、本格的に水泳を楽しみたい人にうってつけです。

大人・子ども用の水着やスイミングゴーグル、バスタオルなどプールで必要なグッズも各種販売しているため、忘れ物をした場合や急にプールで遊びたくなった際にも安心。

【施設情報】

  • 施設名:ルスツリゾート スーパージャンボプール
  • 所在地:〒048-1711 北海道虻田郡留寿都村字泉川13番地
  • TEL:0136-46-3331

日帰りでも泊りがけでも楽しめる「洞爺サンパレス リゾート&スパ」

日帰りでも泊りがけでも楽しめる「洞爺サンパレス リゾート&スパ」

数あるプールの中でもレジャーと保養をかねて満喫できるのが、大型リゾートホテル「洞爺サンパレスリゾート&スパ」内にあるプールです。洞爺湖を目の前に望む恵まれた環境の中、日帰りで遊んでも、泊りがけでゆっくり過ごしても、家族連れからカップルまで幅広く楽しめます。

大きな波が打ち寄せる造波プールでは、波乗り体験が可能。ボートに乗りながらゆったりと波に揺られたり、小さな子どもは波打ち際で安全に遊んだりも良いでしょう。また、ウォータースライダースプラッシュリバーなど、人気のスライダーアトラクションも盛りだくさんで退屈しません。

プールゾーンの横には南国アイランドと名付けられた、白い砂浜から続く浅瀬をイメージしたホワイトビーチゾーンがあり、編み上げ椅子と赤いパラソルが設置されています。子どもが水遊びをする様子をすぐ近くで見守ることができるため、親御さんも安心です。

レンガ壁に南国テイストの人工観葉植物が配置されたエキゾチックゾーンはプールゾーンとはまた少し違った落ち着きのある雰囲気でカップルの憩いの場。

キッズランドにはカラフルな遊具が目にも楽しい、クライミングウォールアスレチックキューブといった体を動かす施設があるので、やんちゃ盛りの子どもを持つ家族にも嬉しいプールとなっています。

夜は幻想的にライトアップされたプールで、昼とは違う楽しみ方をしてみましょう。

【施設情報】

  • 施設名:洞爺サンパレス リゾート&スパ
  • 所在地:〒052-0107 北海道有珠郡壮瞥町洞爺湖温泉7-1
  • TEL:0142-75-1111

遊び心満載の水の王国「定山渓ビューホテル」

遊び心満載の水の王国「定山渓ビューホテル」

遊び心を刺激するビッグスケールのプールを持つ「定山渓ビューホテル」。総面積4,000㎡の温水プールを取り囲む大きな窓からは、外の雄大な自然が眺められます。

船体をイメージした遊具のパレットピア号は、子どもたちにも大人気です。カラフルなデザインのこどもプール パルパルには浅瀬のプールがあり、スライダーも3台設置。

おむつ替え用の台や授乳室も完備されているため、乳幼児など小さな子どもがいる家庭でも安心。おむつが必要な子どもも、水遊び用おむつを着用することで一緒に遊ぶことができるため、プールデビューにも最適です。

ウェーブプールスプラッシュリバーで盛り上がったあとは、ラグーン・スパでリラックス。大理石や御影石を使用したシックな雰囲気の中、マッサージルームジェットバスで極上のひと時を過ごせます。

【施設情報】

  • 施設名:定山渓ビューホテル
  • 所在地:〒061-2302 北海道札幌市南区定山渓温泉東2丁目
  • TEL: 011-598-3223

リーズナブルな利用料が魅力の「千歳市温水プール」

千歳市温水プール」は公認競泳プールからウォータースライダーまで様々な設備が整っており、年齢を問わず幅広い目的で使用することができるプールです。リーズナブルな料金設定が魅力で、千歳市内在住者は一般よりもさらに安く利用することができます。

多種多様なプールは、使い方も自由自在。幼児用プールには小さな滑り台などもあり、未就学児の夏の遊び場として最適です。

また、小中学生のレジャーや学生のスポーツのための利用はもちろん、大人のリラックススポットとしても申し分ありません。マッサージ効果も期待できるジェットバス寝湯で、日頃の疲れを癒すことができるのでおすすめ。

なお、このプールでは特殊な浄化システムを採用しており、刺激臭がないことが特徴。水道水と同程度に安全な、優しい水を使用したプールで、子どもにも優しいです。

【施設情報】

中学生以下は無料の穴場スポット「東温水プール」

中学生以下は無料の穴場スポット「東温水プール」

東温水プール」は、主に幼児用プールと一般用プールに分かれており、2階にはプール全体を見渡せる観覧コーナーも設置されています。

調光式LEDライトを採用したプールは、明るく開放的な空間。市民プールでありながら小さなスライダーもあり、夏休みは多くの子どもが列を作り、楽しんでいるプールです。

また、体が冷えてしまったときに便利な木製の採暖室など、市民が快適に利用できる環境が魅力。 利用料は当日券や回数券などいずれもリーズナブルで、中学生以下は利用料がいりません

さらに、地下鉄東豊線「環状通東駅」2番出口から徒歩約5分と利便性も良いため、周辺住民だけでなく、他地域からの注目度も高い穴場スポットです。

安全上の理由から利用にはいくつかの規則が設けられているため、ホームページなどで確認した上で利用すると、予想外のトラブル防止につながります。

【施設情報】

絶景の露天ジェットバスもある「第一滝本館」

絶景の露天ジェットバスもある「第一滝本館」

アットホームな雰囲気が魅力の「第一滝本館」のプールは、全長25mの温水プールの他、アニマル型のミニ滑り台や深さ50cmのちびっこプールなど、家族みんなで楽しめる施設です。

親子でのんびりと水遊びをするのはもちろん、ウォータースライダーもあるため、普通のプールでは物足りないという子どもも大満足。有料レンタルの水着や浮き輪も用意されています。

プールからは、地獄谷を一望できる露天ジェットバスへ出られ、眼下に広がる絶景はここでしか味わえません。また、プールは夜10時まで利用が可能なため、昼間と夜間の景色の変化を楽しむのも良いでしょう。

1858年(安政5年)に創業した「第一滝本館」は、種類豊富な大浴場と地元や旬の食材を活かした和食会席膳が宿泊客に好評です。 プールだけではなく、温泉や料理も満喫したいという人に適したサービスが提供されています。

【施設情報】

  • 施設名:第一滝本館
  • 所在地:〒059-0551 北海道登別市登別温泉町55番地
  • TEL:0143-84-2111

※この記事は、2017年12月時点の情報に基づいて作成されています。

お近くのプール(水泳)を検索する

北海道宮城東京神奈川埼玉千葉愛知大阪兵庫福岡その他の地域

ページの先頭へ戻る